Windows 10 パソコンのバックアップは無料ソフトで! 実践編

パソコンの万が一のトラブルに備え、OSごと全てバックアップを無料ソフトで取ります。

お分かりかとは思いますが、データーはコピーできますが、
OSは単純にコピーすることはできません。

今回は、前回インストールしました「EaseUS Todo Backup」を使い、 実際に一つのディスクを丸ごとバックアップする方法、及びバックアップデータより復元する方法を確認してみましょう。

バックアップの方法

最初に起動させて、「Home」画面を表示させます。

ホーム画面の左上「ディスク/パーティションバックアップ」をクリックします。

変わった設定をしていない限り、通常「ハードディスク0」にOSがインストールされていますのでチェックを入れます。

「ターゲット」とは、どこへ保存しますかということですので、このままで結構です。

なお、HDDの空き容量が少ないとか、最初から外部ドライブへバックアップをなさる場合には、右隅「フォルダーマーク」よりバックアップ先を変更することができます。

また、復元の際には、Cドライブのバックアップファイルを使うことはできませんので、バックアップが終了したら別のDドライブや外部ドライブへ移動させておきましょう。

準備ができたら、右下「実行」をクリックしてスタートです。

所要時間はディスクの容量にもよりますが、おおよそ1時間程度で終了します。

復元する前に

バックアップを取ったら、元に戻す復元(レストア)の方法も知っておかなければ意味がありません。

復元にはまず、CドライブのデーターでCドライブを復元することはできません。

「A:どこから」と「B:どこへ」が同じだからです。

想定されるケースとしては、

1.「内蔵ドライブのバックアップデーター」から外部のドライブへ復元し、外部ドライブを内蔵とするケース。

2.「外部ドライブのバックアップデーター」でパソコン内臓のHDDへ復元をかけるケース。(別途ブータブルメディアが必要:次回)

バックアップを復元する

「EaseUS Todo Backup」を起動します。

バックアップファイルの保存先を指定します。

「参照して復元」は外部ディスクを指定するケース

まず、「復元するディスク/パーティションを選択」で何を復元するかということを指定してやります。

復元先をドライブごと指定します。ハードディスク0が「Cドライブ」に該当します。

外部ドライブへの復元の場合は、「ハードディスク1」 や「ハードディスク2」といったような指定をすることになります。

なお、上述したとおり、Cドライブのバックアップデーターを読み込んで、Cドライブを復元するということはできませんので、必ず別ドライブからデーターを読み込むようにして下さい。

ブータブルメディアの作成につきましては、次回ご説明させていただきます。