Windows 10 Edge Webページにメモを書き込む

Windows 10 Edge Webページにメモを書き込む

Windows 10 コメントは受け付けていません 105

Windows10の新ブラウザー Microsoft Edge には「Webノート」という新しい機能が備わりました。

これは、Webページに手書きのメモを書込むことができ保存も可能です。

今回は、この「Webノート」の使い方ついてご説明します。

例えば、やっと見つけた商品カタログWebページで、お目当ての製品に赤丸で印をつけるとか、気になる記事の重要部分にマーカーを赤く引くなどの使用法が考えられます。

また、手書き強調した部分には、テキストメモを関連情報や補足説明などとして書込むこともできます。

重要情報の備忘録として、また情報を整理したいときに使える便利な機能となっています。

Windows 10の Edge を起動して、Webノートを保存してみましょう。






Webページにメモを書き込んで保存する

 

1.Webページを表示する

Edgeを起動してメモを書込みたいWebページを表示し、画面右上にあるアイコン「Webノートの作成」をクリックします。

2.モードを切替える

アドレスバーの表示が変化し、「Webノート」モードに切替わります。

3.手書きメモを書込む

Webページ上をマウスでクリックして動かすと線が描かれます。
タブレットではタップしたまま指でなぞります。
標準で水色ペンが選択されています。






編集ツールは画面左上に2種類の「ペン」(色やサイズ変更可)、「消しゴム」、「ノートの追加」、「クリップ」とありますので必要に応じてご利用ください。

Windowsアクセサリーの「ペイント」とよく似ていますね。

4.テキストのメモを書込む

画面左上にある「ノートの追加」吹き出しアイコンをクリックし、Webページ上でメモを追加したい部分でクリックします。

吹き出しが表示されたら追加したいテキストを入力します。
テキストのメモを書き込むことができます。

5.Web Noteを保存する

画面右上の「保存」をクリックするとWebノートの保存先が表示されます。
既定では「OneNote」が選択されています。
「送信」をクリックすればメモを書込んだWebページが「OneNote」に保存されます。
Webノートを終了するには右上「終了」をクリックします。






作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

ページトップへ戻る