今回は、パソコンのハードディスクのドライブ文字についてお話します。

Cドライブ(C:)、Dドライブ(D:)といったように表記されますね。

通常さほど必要になることはありませんが、操作性の問題で変更したいといったケースもありますので今回取り上げてみました。






ドライブレターとは

 

パソコンのハードディスクはCドライブから始まっていますね。

その後は、アルファベット順にD、E、Fドライブと言った感じです。

DドライブやEドライブは、ハードディスクのデーター保存用やDVDドライブに割り当てられていることが多いかと思います。

また、FドライブはUSBメモリを挿し込んだ際に、よく割り当てられるドライブレターになります。

それでは何故、Aドライブから始まらないのだろうと思いませんか?

昔はA、Bドライブが確かにありました!

それは、今は使われることのないフロッピーディスクドライブに割り当てられていたドライブレターだったのです。

昔は、パソコンにフロッピーディスクを入れるドライブが必ずあったのです。

その名残でしょうが、今でも「Bios」の設定画面を見ると、起動用デバイスとして「Floppy」という文字が出てきます。

フロッピーディスクそのものをご存じない方も多いことでしょう。

しかし、今はまず手に入らないフロッピーディスクを独占販売し、密かに儲けている企業もあるようです。

 

 

ドライブ文字の変更方法

それではドラブ文字の管理画面を出しましょう。

 

「Windowキー」若しくは画面左下からアプリ一覧を表示させて、下方にある「Windows管理ツール」より「コンピュータの管理」をクリックします。

「コンピュータの管理」の左メニューより「ディスクの管理」をクリックします。

USBメモリ等接続されているドライブ全てが表示されます。

センター下部左のドライブの位置で右クリックメニューで「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

変更するドライブ(D)が表示されますので、「変更」をクリックします。

変更できるドライブ文字が表示されますので選択します。

ドライブ文字変更を実行してもよいか確認されます。

ドライブ文字を変更すると以下のような影響が出る可能性があります。

プログラムを本来インストールするCドライブではなく、Dドライブへインストールした場合に、DドライブをEドライブと変更するといったことを行うと、当該プログラムが起動しなくなってしまいますのでご注意下さい。

DVDドライブやデーターを収めるだけのドライブであれば、ドライブ文字を変更してもまず問題はありません。