Windows10 Creators Update 適用バージョン!

Windows10 ダウンロード 無料で作れる インストールメディア作成方法

Windows10 を何かの都合で再インストールしなければならない時に、インストールメディアが無いと困りますよね。

普段使う必要の無い物って、意外と無くしやすいものです。

そのようなときのために、Windows10のインストールメディアを作っておきましょう。

なお、今回の処理でインストールされるのは「Windows 10 Creators Update」が適用されているものになります。

それでは早速「ISOファイル」のダウンロードにかかります。




Windows 10 のダウンロード

インストルメディアとして直接「DVD」や「USBメモリ」に書き込むこともできますが、

以前、「ISOイメージ」を書き込む方法もご紹介いたしておりますので、ISOイメージファイルを作ってみましょう。

まずは、Windows10インストールメディア作成ツールのダウンロード
を行います。

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックし、ツール(MediaCreationTool.exe)を保存して下さい。

ツールを起動してまずライセンス認証を行います。

「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択する。

別のPC用には必ずインストールKey が必要になります。

特に変更する必要はないのですが、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外し、アーキテクチャを「両方」としても良いかもしれません。

ここでUSBメモリーに書き込むこともできますが、ISOファイルを作っておくことで、後で「DVD」や「USB」へ書き込むことができます。

Windowsのダウンロードするフォルダを選び保存を開始します。

なお、ファイル名も変更できますので、「Win10.iso」などとしても良いかもしれません。

ISOファイルのダウンロードが始まり、環境にもよりますが20~30分程度で完了します。

引き続き「ISOファイル」を「DVD」へ書き込むことも出来ます。

以上で、ISOファイルのダウンロードが終了し、保存場所が表示されて完了です。

「完了」をクリックするとクリーンアップ作業が行われ終了となります。