Windows 10 アップデートエラーの対処法

Windows 10 Microsoft 公式 Update 修復トラブルシューティングツールとサービス開始方法

Windowsは時々アップデートがかかることがありますね。

これは、更新プログラムのインストールが行われるわけですが、何らかの不具合によりエラーが起きたことがありませんか?

そのような時のために、マイクロソフトより「Windows Update エラーを修正する」公式トラブル修復ツールが配布されています。





このウォークスルー ガイドの目的

このウォークスルー ガイドでは、更新プログラムのインストール中に発生する問題を修正するための手順が説明されています。 一般的なエラー コードには次のようなものがあります。 0x80073712、0x800705B4、0x80004005、0x8024402F、0x80070002、0x80070643、0x80070003、0x8024200B、0x80070422、0x80070020 通常、これらの手順は、一覧表示されているエラーだけではなく、すべてのエラーの解決に役立ちます。

内容

Windows を最新の状態にするための一連のトラブルシューティング手順を順を追って説明します。 これらの手順は、順番に実行する必要があります

そのダウンロードとインストールについてご紹介いたします。

Windows 10 Microsoft 公式 Update トラブル修復シューティングツール

こちらよりダウンロードください。

OSのバージョンは「Windows10」を選択します。

OSを選択すると画面が切り替わりますので、ツールをダウンロードします。

ツール名は「latestwu.diagcab 」となっておりますので「診断トラブルシューティングウィザード」を指示に従って実行します。

Windows Update トラブルシューティングを実行する

トラブルシューティングを開始します。

すぐにトラブルシューティングが始まります。

“Windows Update”が思うように改善しない場合は、「管理者としてトラブルシューティングを実行する」を実行してみます。

 

サービス Windows Installer を開始する

 

アップデートでエラーが起きる場合に、基本的な設定ができていない場合があります。

Windowsのサービスをチェックしてみてください。

サービスが停止していると、うまくアップデートが出来ないケースがあります。

「スタートメニュー」右クリックで「コンピューターの管理」を選択します。

サービスを選択します。

「Windows Installer」をダブルクリックします。

サービスが停止されている場合は開始させます。

これでも改善されないときは、かなり深刻なケースとなります。