ノートパソコンを閉じるとスリープしてしまいますが、ディスプレイを閉じてもスリープ状態にならない設定を今回ご紹介いたします。

Windows 10 のノートパソコンで蓋を閉じると、スリープ状態になり、蓋を開けるとまた電源が入り直す。

といって設定が一般的ではないでしょうか?

しかし、「蓋を閉じる=作業終了」とは限りません。






ノートパソコンを閉じる=スリープをさせない方法
「ノートパソコンの蓋を閉じたときの動作」を設定しておきましょう。

「設定」「システム」「電源とスリーブ」「電源の追加設定」と進みます。

左メニューの[カバーを閉じたときの動作]を選択します。

[何もしない]に設定します。

ちょっとした移動でも蓋を閉じるとスリープし、開けると復帰をするを繰り返すといった面倒を避けられます。

また、外部ディスプレイに接続しノートパソコンの電源が確保されている状態であれば、ディスプレイを閉じてもスリープに移行しなくなります。