Windows 10 ハードディスクエラーの物理的チェックを簡単実行

ファイルエラーチェックを行うのは、OSの機能で簡単にできます。

Windows 10 ハードディスクやUSBのエラーチェック

エラーチェックには、他にハードディスクそのものの、物理的チェックを行う方法もあります。

ただ、ハードディスクの物理的チェックは、さほど頻繁に行う必要はありません。

ハードディスクの物理的チェックを行うには、いくつか専用ソフトがありますが、ここでは以前ご紹介したソフトを利用したいと思います。

Windowd 10 ドライブパーティションを変更する方法

でご紹介しました、「 MiniTool Partition Wizard 」を使ってハードディスクの物理的チェックを行います。

ランチアプリケーションを開きます。

左メニューの「チェックディスク」から「サーフェーステスト」を選択します。

右上スタートボタンをクリックします。

すべてが、緑色であれば異常はありません。

ディスク容量にもよりますが、時間がそれなりにかかりますので、パソコンを使わない深夜帯等でスリープ状態にならぬよう電源設定をした上で、チェックすることをおすすめします。

ファイルエラーのチェック・修復は比較的簡単に行なえますが、もしハードディスク本体に物理的エラーがあるようなら、早めの対処が必要となります。

場合によっては、速やかにディスク全体のバックアップを取り、ハードディスクの交換を考える必要も出てきます。