Windows 10 使用履歴で素早くファイルアクセス

Windows 10 使用履歴で素早くファイルアクセス

Windows 10 コメントは受け付けていません 31

Windows 10 クイックアクセスでファイルやフォルダを素早く表示

朝、パソコンを使い始めるときに、どのようにデータを開きますか?

デスクトップにデータやショートカットを配置する方がいらっしゃるかもしれませんし、エクスプローラーを起動して「ドキュメント」などから順番にフォルダーをたどっていくという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、エクスプローラーの左上にある「クイックアクセス」を活用して、素早くファイルやフォルダを利用する方法をご紹介いたします。

合わせて、

クイックアクセス 表示されない

クイックアクセス ピン留めできない

クイックアクセス ピン留め外せない

クイックアクセス 消せない

クイックアクセス 消える

といった問題解決にもなるかと思います。

クイックアクセスとは

クイックアクセスとは従来の「お気に入り」機能をより進化させたもので、自ら登録した分だけではなく、使用頻度の高いファイルやフォルダが自動的に表示されるようになるものです。

例えば、ファイルが保存されている位置の階層が深かったり、ご自分のパソコンにではなく、ファイルがサーバー上に保存されていて、サーバーを参照する必要がある場合、何度もクリックを繰り返したり、「ネットワーク」から参照先をいちいち指定しなければならないのは、大変面倒なことです。

最近、手掛けているプロジェクトのフォルダーや定期的に処理しなければならない定型文書などのフォルダーは、エクスプローラーの「クイックアクセス」に登録しておくといいでしょう。



クイックアクセスの登録方法

ファイルやフォルダをクイックアクセスに登録するには、ドラッグするだけで簡単に登録できます。

また、フォルダに関しては、右クリックメニューに「クイックアクセスにピン留め」があります。

クイックアクセスに登録しておけば、次回からはどのようなフォルダからでも、クイックアクセスを参照することできますので大変便利です。

クイックアクセスの登録解除

クイックアクセスは便利なのですが、ある意味ではパソコンの使用履歴が残るわけですから、セキュリティ対策の面から言えば、問題がないわけではありません。

クイックアクセスから登録削除を行うのも簡単で、クイックアクセス内で削除したいフォルダやファイルで、右クリックメニューから「クイックアクセスからピン留めを外す」「クイックアクセスから削除」を行えば消去できます。

クイックアクセスの無効化

使用頻度の高いフォルダやファイルの自動表示は、クイックアクセスの便利な特徴です。

しかし、家庭や会社でパソコンを共有する場合には、自分の使っているファイルを他の人に知られてしまうというデメリットもあります。

そのような使用状況下では、自動表示を無効化しておくことが必要となります。

エクスプローラーの上部メニュー「表示」「オプション」から「フォルダーオプション」を開きます。

ここで、プライバシーの
「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」
「よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示位する」
のチェックを外します。

また、必要なら「エクスプローラーの履歴を消去する」も実行します。



作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

ページトップへ戻る