Windows 10 ​Creators Update で搭載 Microsoft Edge の新機能

「お気に入りのインポート・エクスポート機能」の強化

Windows 10 ​Creators Update で搭載された Microsoft Edge の新機能として、「お気に入りのインポート・エクスポート機能」の強化についてご説明いたします。

Creators Update では、Microsoft Edge のお気に入りデーターをHTML ファイル形式でインポートしたり、エクスポートすることができるようになりました。

さらに、他のブラウザー(Chrome,Firefox等)からお気に入りの他に、閲覧履歴や保存したパスワード等のインポートも可能となりました。

お気に入り・ユーザー情報の「インポート」と、お気に入りの「エクスポート」の手順は、

Microsoft Edge 画面右上の「・・・」をクリックし、一番下にある「設定」を開きます。

「設定」内の「お気に入りとその他の情報のインポート」の下にある「別のブラウザーからインポートする」をクリックします。

インポートしたいブラウザーを選択しインポートします。

また、同画面でお気に入りを HTMLファイルとして、インポートまたはエクスポートすることもできます。

エクスポートする時の既定ファイル名は、”Microsoft_Edge_日付.html” となりますが、任意の名前で保存することも可能です。