アカウント削除対策 著作権とYoutube規約

アカウント削除対策 著作権とYoutube規約

YouTube 0 Comment 7

YouTubeで稼ぐ アカウント削除対策

著作権とYoutube規約

1.著作権の定義とは

著作権はコピーライトとも呼ばれ、

言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、
コンピュータプログラムなどの

表現形式によって自らの思想・感情を
創作的に表現した著作物を
排他的に支配する財産的な権利です。

著作権は特許権や商標権に並ぶ
知的財産権の一つ。

販売するかどうかは問題ではありません。

ものを創作した時点で、著作権が発生します。

例えば、あなたが失恋ソングを作った
とします。

失恋した時の気持ちが反映されている
この歌を著作物といい、
あなたを著作権者と呼びます。

重要なポイントは、違法に対して、
著作者自信が訴えなければ、
効力を発揮しないということです。

誰かが勝手にあなたの歌をYouTubeにアップ
したとします。

この違反を第三者が通報しても、
罰則の対象にはなりません。

著作者のあなたが、通報することによって
初めて罰則の対象になるわけです。

著作者が使ってもよいよと言えば、
問題にはならないわけです。

2.対策

ですから、迷惑をかけない工夫をし、
相手にもメリットがある状態で使用するよう
に心がければよいのです。

例えば、YouTube上にはAKBの動画がたくさん
アップされています。

勿論、多くの動画に対する対応が追い付かな
いということもあるでしょう。

しかし、自分たちにメリットがある。

つまり、自分達の宣伝になると思い、
黙認しているということもあります。

当然ですが、CDやDVDをコピーし
アップロードするのは完ぺきに違反です。

相手のメリットになっているかどうかが
重要なポイントです。

ニュース記事やまとめサイトというのは、
この観点から言うとグレーゾーンなのです。

ニュースは単に事実を伝えているだけで、
思想や感情を表現しているわけではないと
判断されることが多いのです。

記者・取材者の思想を反映していると
判断される場合も勿論あります。

ただ、ニュースはいろいろな媒体で
バイラルが起きシェア拡散されていきます。

ニュース製作者はこれを良しとする傾向に
あります。

ですから重要な対策として、

記事の引用元や引用元URLの記載を
行いましょう。

例)
引用元:○○ニュース
http://www.○○○

といった感じです。

これを動画の最後や説明欄に記載するように
します。

3.YouTubeの規約

著作権としては問題なくとも、YouTubeの
規約で引っかかることがあります。

規約が厳しくなってきていることが
一つ上げられます。

また、YouTubeには通報機能というものが
あります。

実際には問題がなくとも、通報されると
一発で削除されるといったこともあります。

ですから、視聴者にメリットがある動画を
意識して作ることがとても大切です。

作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。

ページトップへ戻る