マイクロソフトオフィス互換性ソフトはワードエクセルの代わりになる

ソフト 0 Comment 9

普段のPC操作でご使用のソフトは何がありますか。

一番使用頻度が、高いのは何でしょう。

1.ブラザー(インターネット・エクスプローラーやグーグルクロム)

2.メールソフト

3.ワード・エクセル

ビジネス使用では、パワーポイントなども入るかもしれませんね。

マイクロソフトのワード・エクセルは無料ではありません。

PC新規購入の場合は、わざわざこのオフィスを含めて購入することになります。

何もソフトが入っていないビジネスモデルより、1万円前後は割高になるわけです。

そこで当然、無料で互換性のあるソフトがあればと、いうわけです。

様々なオペレーティングシステムで利用可能なオフィススイートを2~3ご紹介いたします。

ひとつめは、その名もオープンオフィス(OpenOffice)で、Linuxの世界ではかなり以前よりありました。これは、「JavaScript」ベースとなっています。

正式名称は、「Apache OpenOffice」で当然日本語化もなされています。
様々なオペレーティングシステムで利用可能なフリー・オフィススイートです。

ふたつめ、LibreOffice(リブレオフィス)は、OpenOffice.orgから派生し、同様様々なオペレーティングシステムで利用可能なオフィススイートです。
フリーソフトウェアとして自由にダウンロードし、使用・再配布することもできます。

名称は「LibreOffice

勿論いずれも、市販の主だったオフィススイートとの互換性も維持していま。

最後に、4000円~6500円位と有料となりますが「KINGSOFT」というオフィススイートもあります。

「KINGSOFT」はAndroidにも対応しております。

これらのオフィススイートは「Windows」 「MacOSX」 「Linux」 に対応しており、プレゼンテーション、ドロー、データベースなども揃っています。

一度試されてみてはいかがでしょう。

【最新版】ネット光回線を徹底比較

作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

ページトップへ戻る