アフィリエイトの成功法則 成約率を高める

インターネット上で

商品を販売する

商品を紹介する

サービスを紹介する

そのようなときに成約率を高めるための法則をご紹介いたします。

 

アフェリエイトをする前のチェック項目

1何を教える先生か明確になっている

2読者の役に立つ情報提供が出来ている

3各ページが整っている

4商品紹介前の準備記事を投稿している

これら4つの項目が出来ているかいないかで成約率が大きく違ってきます。

 

1何を教える先生か明確になっている

ポイントは、自分が毎日書き続けても苦しくないジャンルにすること

マーケティング、成功マインド、コピーライティング、子育て術、
整理整頓、初対面の人と仲良くなる方法、部下の育て方、サーフィンのやり方、料理、ストレッチ、音楽、メイク、ファッション、健康法、
等なんでもOK!

情報を与える側になることがポイントとなります

 

先生以外にも、例えば
先輩、リーダー、師匠、指導者、カリスマ、親分などでもOKです。
与える側に立つことが大切です。

 

ビジネスである以上、受ける側にいたらいつまでも
稼ぐことはできません。

 

価値あるものを提供する、与えるという意識を持って
情報発信していくことが必要です。

要するに、何らかの価値ある情報を日々発信し続けるという事です。

 

2読者の役に立つ情報提供が出来ている

自信をもって伝える。

言い切ることが大切。

 

情報を伝える側になった場合は、

情報の伝え方が非常に重要になってきます。

 

自信無さげではいけません、

自信をもって言い切ることが必要です。

 

「~だそうですよ。」

ではなく

「~なんです。」

と言い切ることが大切。

 

情報収集した内容をあなた自身でよく理解し

かみ砕いて自信を持って表現することが大切です。

 

自分で体験したことのないことや

情報が不足しているとは

自信をもって言い切ることが難しいですね。

 

ですから、最初に発信していくジャンルを

よく検討して決める必要がります。

興味のあるジャンルや自信のあるジャンルを選ぶ必要があります。

 

話の流れとしては

新しいことを知り

分かる

出来る

習慣化

 

例えば、父親のネクタイをしているのを見て、

社会人はネクタイをするのだから自分もやってみる。

 

最初はなかなかうまく結べないが

今では、数分で簡単に結べるようになっている。

 

新しいことを学ぶ際の4つのステップとなります。

学んだことと、自分の体験談をうまく組み合わせて伝えることで

相手に役に立つ情報にしていくことができます。

 

自分の体験談を盛り込めると説得力も増し

自身をもって言い切ることもできるので

ぜひこのようなジャンルを探してみていただきたいと思います。

 

次回は、各ページが整っている

についてお伝えします。