あなたはPCを新しくしたときにはどのようなソフトをインストールしてお使いでしょうか。

PCの不具合で再インストールが必要となることがありますよね。

また、PCが古くなり、新たなPC にソフトをインストールし直す必要に迫られることもあります。

このようなときに、インストールの際プロダクトキー 入力が求められます。

プロダクトキーとは何ですか?

そもそもプロダクトキーとは何でしょうか?

マイクロソフトによりますとプロダクトキーとは以下のように定義されています。

プロダクト キーは、Windows のライセンス認証に使う 25 桁のコードで、次のような形式です。 プロダクト キーの記載場所は、Windows のコピーを入手した方法によって異なります。 認定小売業者から入手した場合。 プロダクト キーは Windows を梱包する箱内のラベルまたはカードに記載されています。Sep 14, 2016
Windows のプロダクト キーを探す – Windows ヘルプ – Microsoft Support
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10749/windows-product-key

例えば、「Windows 10」や「MS Office」などのマイクロソフト製品のインストールには必ず、プロダクトキー入力が要求されます。

そこで、マイクロソフト プロダクトキーをしっかり管理してあれば問題ないのですが、どこへ仕舞ったかわからないといったときは、再インストールができなくなってしまいます。

 

マイクロソフト プロダクトキー 確認するには

マイクロソフトのプロダクトキー確認シールなどが紛失していても、慌てることはありません。

なぜなら、ご使用のPCがある限り、プロダクトキー確認用ソフトがあるからです。

何種類かあるのですが、一つ参考にご紹介いたします。

使い方も至って簡単です。

 

プロダクトキー 解析ソフト

それでは、プロダクトキー 解析ソフトの「ProduKey」をご紹介いたします。

なお、こちらのソフトでは、マイクロソフトのOS「Windows」と「Office」の「プロダクトID」「プロダクトキー」を確認することができます。

「ProduKey」は以下よりダウンロードできます。

http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html

にアクセスし、ずっと下に降りると

Download ProduKey (In Zip file)
Download ProduKey for x64
Download ProduKey with full install/uninstall support
Recover keys of other non-Windows products

とありますので1番目を選んでダウンロードして下さい。

最近のPCだと、64bit版「Download ProduKey for x64」でもOKです。





「ProduKey」のインストール方法

上記よりダウンロードされたファイルは圧縮された「.zip」ファイルになっています。

ファイルを展開すると3つのファイルになります。

ProduKey.chm
ProduKey.exe
readme.txt

特にインストール作業は必要なく、レジストリの変更もなされません。

この3つのファイルを適当なフォルダー(ProduKeyなど)をディスクトップにでも作り移動させ、「ProduKey.exe」より起動してください。

 

「ProduKey」を日本語化する方法

ProduKeyの表示は基本的には英語となります。

なんとなく操作はお分かりになるかと思いますが、どうしても日本語で使いたいという方には、簡単に日本語化する方法がございますので、ご紹介しておきます。

ファイルを一つ追加するだけで、 日本語化する事ができます。

先程ダウンロードした箇所より更に下に降り「Japanese」という箇所より、「produkey_japanese.zip」というファイルをダウンロードし、圧縮ファイルの「ProduKey_lng.ini」を先程のフォルダーに入れて起動すれば日本語化されます。

「ProduKey」の使用方法

「ProduKey」の入ったフォルダーをプロダクトキーを確認したいPCのディスクトップなどに置き、起動するだけで「プロダクトキー」を確認することができます。

また、編集(Edit)よりコピーを取ることができますので、「メモ帳」などテキストエディターに保存しておくと良いでしょう。

Microsoft Office Home and Business 2016 (最新)|カード版|Win対応