Youtubeで稼ぐゲーム実況のやり方 動画作成ポイントは

Youtubeで稼ぐゲーム実況のやり方 動画作成ポイントは

YouTube コメントは受け付けていません 371

実況動画を作る方法

実況動画を作る方法はさほど難しくはありません。

必要なものは、ゲーム機とPC及びゲーム上の動きをPCに映してくれるキャプチャーボードとなります。

基本的には、PC上でゲームを動かしながら実況音声をマイクで入力し、それをキャプチャーソフトで録画します。

また、音声はプレーを録画したあとからでも入れることはできます。

ゲームというと上手な人でなければいけないように思いますが、いわゆるヘタクソの動画も意外と需要があります。

ゲームは20回程度でクリアしよう!

短い時間でクリアできるゲームをたくさん投稿する

一つのゲームを長く実況するよりも、クリアまでの時間が短目のゲーム動画を多くアップロードすることが再生数を稼ぎやすいです。

再生数を増やすためにも、数打てばあたる戦法がおすすめです。

何十パートもあるような長編の実況ゲーム動画を撮っても、視聴者がPart1で見切ったらそれ以降のものは見てもらえません。

短編でも様々なジャンルのゲームを実況し、幅広く様々な人に向け動画をアップするほうが、ヒット作が出る確率が高いと思われます。

またゲームの中には、他に誰も実況動画をアップしていない穴場のゲームがあります。

ゲーム実況動画を検索した人は、あなたがアップした実況しか選択肢がないため、必然的にクリックされます。

それに、動画数が多いと視聴者側も飽きてしまい、パートが進むに連れ次第に再生数も少なくなっていきます。

目安としては、Part10~20程度で完結すれば、中だるみせず、視聴者もゲーム実況動画を最後まで見てくれやすいです。

動画の説明欄を充実させる

動画説明欄にリンクとマイリストをもれなく書く

以下のリンクをYoutube動画の説明欄に書くと、視聴者があなたの他の動画を見てくれる確率が上がります。

自分の動画を次々と観てもらうために、できる限りのリンクを記載しましょう。

動画説明欄に書いておくべきリンク
・前動画へのリンク
・次動画へのリンク
・今やっているゲーム実況動画のpart1動画へのリンク
・今やっているゲーム実況動画をまとめたマイリストへのリンク
・これまでにあげた実況動画のpart1をまとめたマイリストへのリンク
・自分のFacebookやTwitterなどSNSへのリンク
・自分のホームページへのリンク

あなたの実況のファンになってくれた人は、貴女の作った他のゲーム実況動画も見てくれます。

そのときに役に立つのが「これまでアップしたたゲーム実況動画のPart1をまとめたマイリスト」です。

まとめリストを載せておくと、スムーズに他のゲーム実況動画に移動してもらうことができます。

「今やっているゲームの実況動画のpart1動画へのリンク」はつい忘れがちになります。

Youtube視聴者は、必ずしもPart1の動画を最初に見つけるとは限りません。

Youtube動画で、気になったタグをたどっていったら、偶然たどり着いたということもあります。

Google検索結果から直接辿ってきたということもあります。

その場合には、中途のPartから見始めることになります。

Part1へのリンクを載せておけば、簡単にPart1を見つけてもらうことができ、離脱することなく連続してYoutube動画を視聴してもらうことができます。

 

動画タグは連続再生のカギ!

カテゴリタグを充実させる

タグはできる限り登録しましょう。

タグで動画を探す人には、タグを辿ってもらうことにより、様々な動画を見つけられやすくなります。

下記のようなYoutube動画タグを登録することが効果的です。

・ゲーム名
・ゲームキャラクター名
・ゲームBGM曲名
・自分の名前

特に、ゲームキャラクター名やBGM曲名を登録しておくことによって、意外と再生数を稼ぐことができます。

検索回数が少なくとも、他に登録者が少数の場合は、検索上位に表示されやすくなります。

Wantedly People 名刺管理

Wantedly People 名刺管理

Wantedly, Inc無料posted withアプリーチ

作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

ページトップへ戻る