windows10 起動ディスクの作成と使い方 起動しない緊急時

windows10 起動ディスクの作成と使い方 起動しない緊急時

Windows 10 コメントは受け付けていません 1501


Windows10が急に起動しなくなったなんてことはありませんか?

このような時にどのように対処すればよいのでしょうか。

多くの場合は、起動(Boot)セクションを修復することで解決がつきます。

このセクションは、通常覗くことのできない隠されたセクションで、
Windowsが起動する時に必要な情報が収められています。

今回は、この重要な起動セクションを修復してくれる、システム(起動)修復ディスクの作成法と使い方についてご説明します。






システム修復ディスクの作成法

画面左下「スタートメニュー」で右クリックメニューで「コントロールパネル」を選択

「システムとセキュリティ」を開く

「バックアップと復元」を開く

「システム修復ディスクの作成」を選択

DVDディスクに書き込みが行われます。
(現状ではUSBに対応しておりません)






システム修復ディスクの使い方

システム修復ディスクが出来ましたら、起動できなくなったシステムの
修復を行います。

まずは、DVDドライブ(修復ディスク)から再起動させてます。

最初に、DVDから起動しますかと聞かれるので、
すかさず「Esc」や「Enter」キーなどを打って下さい。

まずは、キーボードレイアウトを「Microsoft IME」とします。

オプション選択で「トラブルシューティング」を選択。

ご覧のようにWindowsの機能としてもバックアップ&レストア機能があります。

今回は、起動トラブルなので「スタートアップ修復」を選択。

目的のOS Windows10を選択

修復作業が万が一できなくとも念のため再起動してみましょう。

「スタートアップ修復」が不調な場合には、面倒ですがバックアップしたデーターをもとに修復作業を行うしかありません。

特に仕事にお使いの方は、その修復作業時間全て無駄な時間となり、何も生み出すことはありません。

是非、バックアップを定期的に取ることをオススメします。






作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

ページトップへ戻る