Youtube動画のアクセスを集める説明欄の記載方法

Youtube動画のアクセスを集める説明欄の記載方法

YouTube 0 Comment 7


YouTubeで稼ぐ アクセスを集める説明欄の記載方法

今回は、タイトルの次に重要な説明欄の
記載方法をご紹介いたします。

記載欄に記入することによって、
「Google検索」「YouTube検索」
「関連動画の検索」の3つからアクセスを
集めやすくなります。

各項目について順番にご説明します。

1.タイトルをそのままコピペする
これは無条件にそのまま題名をコピー貼付け
を行ってください。

2.記事の引用元(新聞社名等)と記事の
URLを記載する。
これはアクセスには直接関係ありませんが、
必要なことです。
著作権に関する対応策です。

3.Google検索からのアクセス
メインキーワードの関連語を検索し、
上位3~5個を1ワード毎に改行し
記入します。

検索にはGoogleサジェストと言われるものを
利用するわけです。

Googleで検索窓に入力すると、キーワード候補
がいくつか表示されますね。

これらを入力します。

「Keyword Tool」を利用してもよいですね。

http://keywordtool.io/google

4.YouTube検索からのアクセス
YouTube窓でキーワード検索し、3つ程度
題名とURL(上部)を入力します。

なるべく新しく、再生回数の多いものを
お勧めします。

あまり多く入れてしまうと「スパム行為」
とみなされることがありますので
ご注意ください。

以上、説明欄の記載方法でした。

作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。

ページトップへ戻る