YouTubeで稼ぐには動画再生回数1万回の壁?

YouTubeで稼ぐには動画再生回数1万回の壁?

YouTube コメントは受け付けていません 144


YouTubeで稼げなくなるってホント?

YouTubeが合計視聴回数が1万回に満たないチャンネルには、報酬を支払わない仕様に変更

YouTube パートナー プログラムについて一部変更がなされました。

ひょっとして、もうYoutubeで稼げなくなる、と慌てた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、早速詳細を確認してみました。

YouTube パートナー プログラムの概要

「YouTube ヘルプ」でどのように表記されているかといいますと、

YouTube パートナー プログラムの概要

YouTube ヘルプ

 

とされております。

更に詳しくは、

「YouTube パートナー プログラムの最近の変更点について、YouTube クリエイター ブログをご覧ください。」

YouTube パートナー プログラム アップデートのお知らせ

クリエイターの収益を守る仕組み強化

となされております。

 

Youtubeの変更内容とは

要するに、Youtubeは始めたばかりのひよっこチャンネルに報酬は支払いませんということです。

どのような内容の動画をアップロードするチャンネルかを見極めてから報酬を支払いますということです。

総再生回数が1万回になるまでは、そのチャンネルの審査期間というわけです。

実際には、合計視聴回数が 10,000 回以上に達した段階で初めて審査がなされるようです。

その過程で作られた動画が審査されることになるのは当然のことです。

ただこの合計視聴回数が 10,000 回以上に達する期間というのは、数ヶ月掛かるチャンネルもあれば、数日で達成してしまうチャンネルもあることでしょう。

結論を出すのは早計ですが、さほど悩むこともないのではないでしょうか。

著作権に抵触するような動画を作らなければよいのです。

Youtubeのルールに則った動画を作ればよいのです。

いわゆる、裏技的なものを作ることを考えているとアウトだということです。

当然といえば、当然の話しですよね。

何事にも言えるかもしれませんが、短期間で一気に収益を上げるという方法もあるでしょう。

ですが、長い目で見るとそのような方法は、決してプラスにはならないのではないでしょうか?

Youtubeの場合、ヘタをするとアカウント停止になり、2度とチャンネルを作ることができなるケースもあります。

総再生回数の1万回は、真剣に取り組めばさほど難しいものではないと思います。

ルールを良く理解して、王道をいきましょう。

正々堂々と稼ぎましょう。

 

今回の処置の背景とは

今回の処置は、簡単に言うと不良動画を締め出すということが狙いだと思います。

Youtubeは、広告収入で運営されているわけです。

ですから、大手企業をいちばん大切にするのは当然です。

その大手企業は、当然ながら違法な動画や著作権すれすれの動画などと同列に表示されるのは避けたいと思うに決まっています。

Youtubeは当然ながら、大手スポンサーを大事にしたいに決まっていますね。

ですから、不良動画を切り捨てる方向に向かうのは当然のとこととなります。

実は報酬を増やすチャンス

Youtubeは広告収入で成り立っているのは皆さんご存知のことです。

そしてその一部を動画クリエーターに広告の表示に応じて、配分しているわけです。

従来は、他人の動画を再アップロードするような、クリエーターとも言えないような人達にも広告収入が配分されていました。

しかし、今回の処置によりそのような、いわゆるコピペ的な動画を作っているような人達への配分が減るわけです。

その分まともな動画を作っているクリエーターへの配分が増えるわけです。

また、不良動画が減っていけば大手企業の広告も増えることも期待されるため、更に一般クリエーターの報酬は更に増えるとも考えられます。

ですか、今回の処置は一部のクリエーターとも呼べない人達にとってはピンチっですが、そうではないまともに動画を作っているクリエーターにとっては、チャンスなのです。

しっかりと動画を作ってYouTubeで稼ぎましょう!

作成者

surgeone
surgeone

副業として始めたYouTube。 収益も多少上がるようになってきました。 失敗談ももちろんあります。 今から始めたい方にその流れをご紹介したいと思います。 実感したことは、継続がとても大切だということです。 ネットビジネスでは直線的に収益が上がることはまずありません。 一定期間、最低限2~3ヶ月は我慢が必要です。 でも我慢できた方のみが成功するのだ、ということを実感しております。 是非、楽しみながら続けてみてください。

ページトップへ戻る