特選おすすめ FX商材 10選!

Wordpress Jetpack

今回は、Jetpackのおススメ機能についてです。

Jetpackには実に30種類もの機能があります。

どれを使えばいいのかわからないという方に

ここではおススメの機能を4つだけ絞ってご紹介します。

ワードプレスの初心者が押さえておくべき初期設定とは WordPress 1

アクセス解析機能

Jetpackの中で一番使われる機能でしょう。

Jetpackのアクセス解析機能を使うと、

サイトが一日に表示された回数や

検索キーワード、人気ページなど

統計情報を確認することができます。

その内容はグラフで表示され、

初心者の方にもわかりやすく

簡単に活用することができます。

この統計情報はJetpackを有効化すると

すぐに使えるようになります。

統計情報データを確認するには

管理画面 ⇒ Jetpack ⇒ サイト統計情報

と移動すると見ることができます。

また、Wordpressにログインしていれば

サイト上部からの確認もできます。

サイトの高速化

Jetpack パフォーマンス

サイトの表示速度に大きく影響するのが

「画像」です。

たまに、表示されるのが遅いサイトを

見たことはありませんか?

ほぼ、画像サイズが大きくて

もたもた感があるわけです。

Jetpackにはその最適化や

画像の遅延読み込みができる

機能が備わっています。

設定は、管理画面 ⇒ Jetpack ⇒ 設定

の「パフォーマンス」タブで行います。

ここでは基本的に全てONにしておきます。

速度を向上させても他に問題はありません。

パブリサイズの接続

パブリサイズの接続

パブリサイズ(publicize)というのは、

「~を公開する」という意味でして

「Twitter」や「Facebook」などに

ブログで投稿したものを

自動的に連携投稿してくれます。

「パブリサイズの接続」を有効化するには、

管理画面 ⇒ Jetpack ⇒ 設定ので

「共有」タブで行います。

「接続をソーシャルネットワークに自動共有」を

ONにして機能を有効にします。

その下にある

「ソーシャルメディアアカウントを接続する」を

クリックするとWordPress.com

サイトが開きます。

投稿をパブリサイズする2

「接続をパブリサイズする」の中から、

連携したいSNSの「連携」ボタンをクリック。

SNS側の認証画面が出てきますので、

ユーザー名(メールアドレス)とパスワード

を入力して許可します。

認証を行うとWordPress.com側の画面に

戻りますので「連携」ボタンをクリック

して「連携しました」というメッセージが

出れば認証完了です。

投稿 ⇒ 新規投稿を追加 ⇒ 公開

にパプリサイズ共有がありますので

記事作成して投稿時に「編集」「設定」が

可能となります。

関連投稿

関連記事

関連投稿というのは記事の下に関連性のある

別記事を表示する機能のことです。

関連投稿はアクセスアップに繋がる機能で

ぜひ積極的に使いましょう。

設定は、管理画面 ⇒ Jetpack ⇒ 設定

の「トラフィック」タブになります。

ハイライト表示設定とサムネイルの

使用有無を設定することができます。

 

以上、Jetpackのおススメ機能でした。