ブログで結果を出す5つのポイント
ブログで結果を出す5つのポイント

 

今回は、結果が出ないときの

チェックポイントをお話しします。

結果をなかなか出せない場合の根本的な

問題解決に役立てればと思います。

緊張感を持つ

一つ一つの作業をきっちりとこなすこと。

YoutubeやTwitterのように

いつまでということがあまりない作業は、

ついついだらだらとやってしまう

ことがあります。

結果として一つ一つの作業が雑になって

しまうことが多くなります。

顧客リストを集めて一発勝負が必要な

情報発信を行う時は、

一通一通に神経を使って書くことになります。

今日はこの内容をメールで送って、

商品の購入へとつなげたいというのは

まさにこの一発勝負となります。

なんとなく書いてしまった内容で

緊張感の薄いものを送ると

当然のように売り上げに反映できません。

完成までの期限をしっかりと切り

手抜きなしに行動を起こすことです。

危機感を持つ

つい最近まで緊急事態宣言で自宅自粛

となり危機感がかなり高まりました。

しかし、しばらくするとそれとなく

その状況になれてしまい、

いつの間にか危機感が薄らいでしまいます。

不要の外出をあまりしないとか

外で飲食せずにテイクアウトや家飲み

といった状況に慣れてしまいます。

人の危機感というのはどのような分けか

本当に長続きしないのだなと感じます。

自宅自粛になった当初は

折角のこの機会だから何かを習慣化し

きっちりとやってみようと思われた方も

多いことでしょう。

しかしながら、しばらく時が経つと

その状況に慣れてしまい、

いつの間にか危機感が遠のいてしまい

何となく以前の日々に戻ってしまう

ということです。

責任感を持つ

情報発信や物販などは商品を販売して

収益を得ているわけですね。

言ってみれば、その道のプロのはずです。

ところが、ヤフオクやメルカリなどを見ると、

良い意味でも悪い意味でも個人間取引

という感じがあふれています。

販売する側は個人ということもあり、

バザーなどで商品を販売するような

感覚でいるのかもしれません。

しかし、買う側の気持ちを考えると

ネットショッピングと同様な感覚で購入

するようになっています。

そんな状況の中で

「ノークレームノーリターン」で

お願いしますといったように

記載している販売者がかなりいます。

これはいくら中古品であっても、

ジャンク品とうたっていない限りは

腑に落ちないおかしなことを言っています。

中古でも使えるものを売っている限りは、

クレームに対処するのが当然の話です。

商売とはそのようなものであり

プロは当然のごとく責任を果たすべきです。

結果への執着心

結果を出すという執着心は、

一番大切な心得かもしれません。

結果への執着心をしっかり持てれば

「危機感」「緊張感」「責任感」なども

おのずと持てるようになるかと思います。

結果を必ず出すのだという執着心を

持てなければどうすればよいでしょうか。

例えば、コミュニティや親しい友人などに

自分はこうするのだという宣言をしてしまう

のはどうでしょうか。

言霊(ことだま)というように口にすれば

否応なく実行せざるを得なくなります。

自分を追い込んで結果へと導けば

執着心を持てるのではないでしょうか。

目線を高く持つ

月収30万円を目指している人が、

目標よりも高い月収100万円になる

ということはまずあり得ません。

30万円を目指していたら何となく20万円に

落ち着くというのが常識の線でしょう。

ですから、無茶な設定は意味がありませんが、

常に目標は高めにしておくべきでしょう。

誰にでも手早く手っ取り早く楽をして

稼ぎたいという気持ちはあります。

しかし、そのような近道ばかりを

考えていると結局は目標を達成できなか、

出来ても結局は遠回りになってしまったり

ということになります。

しっかりと辛くても目標に取り組みたいものです。

まとめ

短絡的なことは求めず

王道を進むことが大切ではないでしょうか?

ワンクリックで稼げることなど

世の中にはあり得ません。

 

以上、結果を出すために必要なことでした。