特選おすすめ FX商材 10選!

今回は、WordPressを使用していく上で基本的な問題となる

編集機能の設定についてお話します。

 

WordPressの最新バージョンでは。

エディターはGutenberg(グーテンベルク)が導入されています。

 

Gutenberg(グーテンベルク)の編集機能は、

どうもピンと来るところがなく分かりずらいです。

 

また、オリジナルのテーマなどでは「Gutenberg」に

対応してないものもがあります。

 

Classic Editor(クラシックエディター)とは

これまでの Classic Editor(クラシックエディター)は

ビジュアルエディターかテキストエディター(html)に

切り替えることが出来、ワープロ感覚で使用できました。

 

それに対し、Gutenberg(グーテンベルク)ではブロック単位で

コンテンツを作っていく形になりました。

 

これが使いずらいという評価を受ける原因になっています。

 

Classic Editor(クラシックエディター)プラグイン

このような理由でClassic Editor(クラシックエディター)に戻す

プラグインをインストールすることにしましょう。

 

プラグインで「新規追加」で「 Classic Editor」と

検索しインストールします。

 

新旧エディターの切り替え

ちなみに、Gutenbergが削除されるわけではないので、

新旧エディターの切り替えを行うことができます。

 

切り替えは、WordPress管理画面⇒設定⇒投稿設定

から行うことができます。

 

「クラシックエディター」が旧エディターで、

「ブロックエディター 」が新エディターとなります。

 

以上、WordPressのプラグイン

Classic Editor(クラシックエディター)

でした。