TinyMCE Advanced プラグイン

今回は、WordPressのビジュアルエディタを

拡張できるプラグイン【TinyMCE Advanced】

の使い方です。

文字サイズを指定したり文字色を変えたりと

編集が簡単になります。

WordPresshのエディターをClassic Editorへ戻す設定方法

TinyMCE Advancedとは

他のプラグインよりもカスタマイズ性に

優れており、ボタンの位置などを

簡単に変更することができます。

エディタ拡張プラグインは他にもありますが、

このプラグインは、特にカスタマイズ性に

優れています。

いつも使うボタンを並べておけるので、

自分仕様にできるので作業効率が上がります。

インストール前のビジュアルは

シンプルなエディタ画面です。

TinyMCE Advanced導入後の

ビジュアルエディタでは

利用できるボタンが増え、

ブログサービスやMS Wordと似た

使用感になります。

TinyMCE Advancedのインストール

Wordpress TinyMCE Advanced プラグイン

インストールはプラグインの

「新規追加」より「TinyMCE Advanced」で

検索して下さい。

インストール後は有効化をお忘れなく。

TinyMCE Advancedのカスタマイズ

TinyMCE Advanced 設定

エディター設定の管理画面にはたくさんの

ボタンアイコンが表示されています。

表示するボタンをカスタマイズ

してみましょう。

上部は現在使用中のボタンの一覧になります。

実際に表示されている順番なので、

ドラッグ&ドロップで並び替えることが

できます。

また、削除したいものは、

下部の未使用ボタンエリアにドラッグ、

追加したいものは使用中のボタン一覧に

ドラッグするだけです。

まとめ

TinyMCE Advancedプラグインは

ワープる感覚で使用でき

カスタマイズも簡単にできます。

ぜひ導入してお試しください。

 

以上、WordPressプラグイン

「TinyMCE Advanced」の使い方でした。