アドセンスを記事文中に設置するのはクリック率が高くなりおススメの方法です。

しかし、初心者の方はアドセンスを記事の途中で挿入する方法が分からない方が多いのではないかと思います。

アドセンスを記事の途中に挿入する方法としては
・決められた位置に自動で挿入する
・任意の場所に手動で挿入する
の2通りがあります。

この2通りのアドセンスを記事の文中に挿入する方法をそれぞれご説明させていただきます。

Quick Adsenseのご紹介

アドセンスを記事文中に設置するにはプラグイン「Quick Adsense」を使うと非常に簡単で便利です。

プラグインを追加するにはWordPressのプラグイン新規追加ページで「Quick Adsense」を検索します。

インストールを選択し「有効化」でインストールは完了です。

 

アドセンスを自動で指定の場所に挿入

最初にアドセンスを記事中の指定場所に自動で挿入されるようにする方法です。

まず「Quick Adsense」の設定画面に移り上部タブの「Ads on Post Body」にあるAds1~Ads10のいずれかに表示させたいアドセンスコードを入力します。

Alignmentの選択でアドセンスの表示位置は「左寄り」「中央寄り」「右寄り」と指定することが出来ます。

ただし、レスポンシブルのアドセンスコードは自動で中央表示されますので、レスポンシブルコードの場合はAlignmentは「なし」を選択しておきます。

ちなみにAds1~10の記入箇所があり、合計10個のアドセンスコードを登録することが可能です。

 

続いて設定ページの上部にあるオプション設定から、アドセンスをどこに表示させるかを指定します。

まずアドセンスを自動で挿入したい位置の選択です。

次に表示させたいアドセンスコードを選択します。

Ads1のアドセンスを表示させたいなら「Ads1」をAds2のアドセンスを表示させたいなら「Ads2」を選択します。

 

続いて同下部で自動挿入する対象のページを選択します。

「投稿ページ=Posts」や「固定ページ=Pages」などの自動で挿入したいページにチェックをいれます。

最後に「変更を保存」をお忘れなく。

 

以上の設定で、アドセンスが全ての記事で指定した場所に自動で挿入されます。

 

アドセンスを任意に手動で挿入

指定の場所に自動でアドセンスを挿入するのは簡単です。

しかし、記事の内容によってはアドセンスを表示させたくなかったり、別の場所に表示させたい場合もあるでしょう。

そうゆう場合には自動挿入ではなく、記事毎に任意の場所にアドセンスを挿入することになります。

アドセンスを任意の場所で表示するには、先程のプラグイン「Quick Adsense」の設定を変更します。

最初に先程と同様に表示させたいアドセンスコードを登録します。

続いてオプションの設定になります。

自動挿入なので先程はアドセンスを表示したい場所にチェックをいれましたが、任意の場所に手動で表示させたい場合はチェックを外しておきます。

続いてオプション内にある「Show Quicktag Buttons on the HTML Edit Post SubPanel」にチェックを入れます。

ここにチェックを入れると、テキストエディターに登録したアドセンスコードのボタンが追加されます。

アドセンスを表示させたい任意の場合で、挿入したい場所で先程の「Adsボタン」を押せば設定完了となります。

まとめ

指定した場所に自動で挿入するのはとても便利です。

しかし、おススメは「記事毎に任意の場所に手動で挿入する方法」になるかと思います。

なぜなら自動挿入だと、記事によってはちょっと違うな、という位置に表示されることもあります。

それにどうしてもここにアドセンスを表示させたいという時もあるでしょう。

 

以上、「アドセンスを記事文中に設置する方法」でした。