特選おすすめ FX商材 10選!

PayPalアカウント 作成方法

eBayでは基本的にPaypal(ペイパル)を使って決済します。

まだ、Paypalを使ったことがない場合は、

eBayとPayPalにも登録をしておきましょう。

PayPalは、基本的には無料で利用できます。

PayPalを利用する際にかかる費用は

入金を受け取る時の決済手数料だけです。

Paypalの特徴

日本人のセラーが販売する際にebayでは

原則には銀行振込は使いません。

そこでPayPalという決済サービスを用います。

セキュリティーの安全上も安心という面でも

PayPalを使うメリットは多いので作成を

しておいて損はありません。

日本国内でも最近はPayPal対応の

オンラインサイトが増えつつあり

決済する際には大変便利です。

さらにこの先、自分でサイトを持ち

オンラインショッピングを行うには

この利便性が大いに助けになります。

そのときにもPayPalがあれば

とっても簡単にスピーディに

受け取りの決済が簡単になります。

PayPal登録時の注意点

eBayでは安全なオンライン取引のために、

PayPalを利用しています。

PayPalを利用することにより個人の金融情報を

公開することなく代金の支払いや受け取りが

できる安全なシステムです。

これからPayPalを登録する場合は、

eBayアカウントの作成に利用した

Eメールアドレスで登録してください。

eBayでの売買からPayPal決済までの

一連の流れを同じEメールアドレスで

簡単に確認できるので、

トラブル防止にもつながります。

PayPalには3つのアカウントが存在

PayPalの3つのアカウントとは

パーソナル(支払いのみ)
プレミア(支払い&受け取り)
ビジネス(支払い&受け取り)

プレミアとビジネスに関しては

パーソナルからプレミアへ

プレミアからビジネスへ

というように、段階的に

アップグレードさせることになります。

eBay輸出を行うのであれば

当然、受け取りが必要となります。

とここまでは、従来のお話でした

実は、現在プレミアムという名称は使われておりません。

現在PayPalウェブサイトを見ても、

パーソナルアカウントとビジネスアカウントの

説明しか出てきません。

アメリカの公式サイトでも、

“we offer two types of accounts”と明記されています。

プレミアアカウントは無くなったのか?

以前は、本人確認が済んだパーソナルアカウントを

「プレミアアカウント」と呼んでいました。

現在は本人確認が済んだ後でも、

パーソナルアカウントと呼ばれているということです。

つまり、パーソナルアカウントには

実は2種類あるということになります。

ビジネスアカウントの登録

輸出ということが前提ですので

当然、受け取りが必要となりますので

ここでは、ビジネスアカウントの

登録方法についてご説明いたします。

まずPayPalのアカウント開設ページを開きます。

PayPalアカウント作成ページ

paypalAccount

「ビジネスアカウント」に

チェックを入れて「新規登録に進む」を

クリックします。

ebayパーソナルアカウント

ビジネスアカウントで使用するメールアドレスの

登録をします。

ビジネスアカウントメールアドレス

メールアドレスを入力し続行をクリックします。

新規登録後の初期設定

安全のために必ずメールアドレスの

確認をする必要があります。

メールアドレスの確認

アカウント制限の解除と

安全のための手続きとなります。

メールアドレスの確認を行わないと、

入金通知等の重要な通知が

届かないことになりえます。

必ずメールアドレスの確認を行ってください。

メールアドレス確認

アカウント開設後、ペイパルから送信された

メールに記載されている

「メールアドレスを確認する」をクリックします。

メールアドレスを確認

このの方法で確認ができない場合、

もしくはメールが見つからない場合は

次の方法で確認メールを再送します。

アカウントにログインし、画面右上[アカウント設定]から[ビジネスの設定]をクリックします画面

アカウントにログインして「トップ」をクリックします。

メールアドレスを確認欄の「詳細をご覧ください」

をクリックします。

メールアドレスをクリックします。

メールアドレスをクリックします。

「このメールアドレスを確認」をクリックして

再度メールを送信します。

受信したメールから

メールアドレスの確認を行います。

事業者名の登録方法とロゴの設置方法

購入者のクレジットカード利用明細書に

表示される事業者名が正しくないと、

購入者が心配になり返金の申請する

可能性があります。

以下の方法で正しい事業者名の登録

及びロゴを設定しておきましょう。

Step 1 アカウントにログイン後、画面左上のアイコンから[アカウント設定」→[事業情報]→[更新]をクリック

アカウントにログインして、

画面右上のアイコンより

アカウント設定 ⇒ 事業情報 ⇒ 更新を

クリックします。

Step 2 クレジットカード利用明細に表示される名前を更新する場合は、[編集]をクリックして更新をしてください。

クレジットカードの利用明細に表示される

名前を更新する場合には、

「編集」をクリックして更新します。

入力には半角英数字だけですのでと注意ください。

また、名前が長すぎるとカード明細に

表示されないことがあります。

最後に、画面上部のロゴを追加するを

クリックしてロゴをアップロードします。

支払いの際に決済画面でロゴが表示されます。

ビジネスアカウントの本人確認手続き

ビジネスアカウントでの支払いの受け取り、

残高の引出し、残高やクレジットカードによる

支払いには本人確認手続きが必要となります。

書類による確認方法もありますが

いろいろと面倒な面がありますので

口座振替設定による手続き方法をご説明します。

銀行口座の登録方法

PalPalの指定銀行で口座振替設定を行えば

本人確認手続きはもちろん銀行口座からの

支払いや残高の引出しができるようになります。

さらに本人確認手続きを行えばことで、

カードからの支払いやペイパル残高からの

支払いもできるようになります。

ただし、口座振替設定は法人には適用されません。

指定銀行は以下の5つとなります。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行・埼玉りそな銀行

Step 4-1 アカウントにログインし、画面上部の[入手金管理]→[銀行口座の登録]をクリック。

アカウントにログインして画面上部より

「入手金管理」⇒「銀行口座の登録」をクリック。

銀行口座情報を入力し、[続行]をクリック

口座振替が可能な銀行を選択します。

残高の引出しは全国の銀行をりようできます。

銀行口座情報を入力

銀行口座情報を入力します。

銀行口座は正確に入力しないと設定ができません。

ゆうちょ銀行の登録には注意が必要です。

支店番号は5桁の記号番号の中3桁

口座番号 – 8桁の記号番号の最初の7桁

となります。

生年月日、職業、ペイパルアカウントの利用目的を入力

本人確認手続きとして生年月日、職業、

ペイパルアカウントの利用目的を入力します。

次の画面で各銀行のページへ飛びます。

ゆうちょ銀行の場合

各銀行の画面の指示に従い入力を行います。

口座振替設定が完了するとペイパルの画面に戻ります。

決済画面に反映されるまで約5分かかります。

FATCAの申告

FATCA(ファトカ)は、対象者のみ追加で

情報の提出を求められます。

ご確認方法はアカウントにログインし、

トップページのお知らせ欄をご確認します。

本人確認手続きとは別の欄に通知がありますので、

指示に従って必要な情報を入力します。

期限までに提出しないと支払いの受け取りなど

影響がでる場合がありますのでご注意ください。

 

以上、PayPalのビジネスアカウント

開設のご説明でした。