メモ帳はテキストエディタ

Windows10の初心者で全く知識がなくとも

標準でインストールされている

テキストエディタの「メモ帳」を

1度は使ったことがあるのでは。

ひょっとしてWindowsのソフトの中で

一番シンプルなのではないでしょうか。

当然といえば当然で

テキストエディタというのは

ひたすら文章を打つことに特化

されているソフトですから。

他のテキストエディタでもシンプルなのですが、

Windowsアクセサリーとして位置付けされている

メモ帳は特にシンプルな機能となっています。

しかし、そのシンプルさが却って使い易くて、

テキストファイルを作成する

基礎的なソフトとなっています。

これ一つでメモだけでなく、

プログラミングまで書けるようになります。

シンプルが故の互換性、使いやすさのメモ帳。

文章を書くという意味では「ワードパッド」

というソフトもアクセサリーにはあります。

しかし、こちらはオフィス・ワードの

簡略版といった感じのワープロソフトと

いった感じになります。

ということで意外にテキストファイルを

作れるソフトはWindows内に備わっていません。

見た目の割にとても便利ですので

しっかりと使いこなしてみましょう。

メモ帳の起動方法

デスクトップの何もないところで右クリックし

「新規作成」→「テキスト ドキュメント」で

テキストファイルに名前を付けて作成します。

作成したファイルはダブルクリックで開きます。

メモ帳の起動

また、画面左下のWindowsスタートから

「Windows アクセサリー」→「メモ帳」

と開くこともできます。

Windows アクセサリー

メモ帳の基礎操作

最初に基礎操作からご説明します。

メモ帳上にあるメニューバー「編集(E)」からも操作できます。

切り取り Ctrl+X

文章の全体もしくは一部を選択し「切り取り」を実行します。

切り取った文章は画面上から消えます。

これはWindowsのメモリー上に一時的に記録保存されます。

これを任意の場所へ「貼り付ける」ことで、

メモリー上に保存した切り取り文章が戻ります。

この操作にはいわゆるショートカットキーがあります。

メニューを表示するとその横に表示されるものです。

切り取りたい文章を選択し「Ctrl」キーと「X」キーを

同時に押すと同様に「切り取り」が行えます。

慣れてくればマウスを使うより

キーボード操作だけで済みますので

効率的に文章作成を行えます。

また、文章の選択をマウスで行い

その選択した文章上で右クリックすると

同様のメニューを見ることができます。

マウスでもショートカットキーと

同様の操作が行えます。

Windows初心者の方にはマウス操作

というのもありかと思います。

なお、文章全体を選択するショートカットキーは

Ctrl+Aとなります。

長文の場合に簡単に全体を選択することができます。

コピー Ctrl+C

選択した文章をコピーします。

切り取りとは違い選択した文章が

画面上から消えることはありません。

キーボードのショートカットキーは

「Ctrl」キーと「C」キーを同時に

押すことになります。

選択した文章がメモリー上に

一時的に記録されます。

貼り付け Ctrl+V

「切り取り」や「コピー」をした後、

「貼り付ける」ことでメモリー上に記録された

文章を貼り付けることができます。

ショートカットキーは

キーボードの「Ctrl」キーと「V」キーを

同時に押すと実行されます。

削除 BackSpace or Del(Delete)

「BackSpace」キーや「Del(Delete)」キーで

文章を削除できます。

直前の一文字や選択した文章を

まとめて消すこともできます。

ショートカットキーを覚えよう

ショートカットキーの種類はいろいろとあります。

最低限、上記の3つは覚えておくと

作業効率がかなりアップします。

切り取り Ctrl+X

コピー Ctrl+C

貼り付け Ctrl+V

ソフトの編集メニューを見ると

ショートカットキーも

同時に表示されています。

頻繁に使うものはぜひ覚えて

作業の効率化を図りましょう。

これはメモ帳だけではなく

WordやExcelといった他の

ソフトの編集でも同様です。

検索・置換 / 指定した行へ移動

これらの機能はあまり馴染みのないものです。

長めの文章やプログラミングになると

これら機能がかなり重要になってきます。

メモ帳上にあるメニューバーの「編集」になります。

メモ帳検索・置換

検索 Ctrl+F

メモ帳で書かれている文字列の中から

ある特定の文字列を検索します。

ショートカットキーでは

「Ctrl」キーと「F」キーを同時に押すと

検索窓が出てきます。

「検索する文字列」のウィンドに

検索したい文字列を入力します。

「大文字と小文字を区別する」ことができます。

また検索方向としては

「上から下へ」または「下から上へ」へと

2種類が指定でき必要に応じて使い分けます。

検索で見つかると該当文字列が青く反転されます。

文字列が見つからず最後の結果までたどり着くと

「”~”が見つかりません」というエラーを返します。

再度検索したい場合には検索する方向を逆にします。

置換 Ctrl+H

置換とは、文字列「aaa」を検索して

それを文字列「bbb」に入れ替えることです。

ショートカットキーはキーボードの

「Ctrl」キーと「H」キーを同時に押すことで

置換のウィンドウが出てきます。

「検索する文字列」に文字列「aaa」を入れます。

「置換後の文字列」には文字列「bbb」を入れます。

「次を検索」で検索だけを実行します。

「置換して次に」をすると1文字列ずつ

検索→置換を確認して置換できます。

「すべて置換」では一気に該当文字列を置換できます。

「大文字と小文字を区別する」にチェックを入れると

文字列の大文字小文字を区別して置換ができます。

指定した行へ移動 Ctrl+G

後述する「ウィンドウサイズに合わせて折り返す」の

設定を無効化するとこの

「行へ移動」コマンドが使えるようになります。

ショートカットキーはキーボードの

「Ctrl」キーと「G」キーを同時に押すと

同じくウィンドウを出すことができます。

また、「ウィンドウサイズに合わせて折り返す」の

設定を無効化したままで

「表示」→「ステータス バー」にチェックを

入れるとメモ帳の下部に行数表示などがでます。

表示に関する設定

ウィンドウサイズで折り返す

「書式」から「右端で折り返す」をチェックすると

メモ帳の文字列が右端で折り返されて表示されます。

メモ帳の幅をマウスで見やすい幅に調整できます。

チェックを外すと左右へスクロールできるようになり、

文字列はどんどんと右へ延びていき

折り返さえることはなくなります。

フォント

「書式」から「フォント」を選択すると、

メモ帳のフォントの種類や文字サイズを

変更することができます。

普段の見やすいフォントと文字サイズに

調整してみてください。

標準では「MS ゴジック」のスタイル「標準」です。

印刷・保存

印刷プレビュー

メニューバーから

「ファイル」→「ページ設定」と開きます。

ここで印刷の設定ができます。

ヘッダーやフッダー、余白、用紙サイズ

などの設定が可能です。

保存 – 文字コードの選択

「ファイル」から「名前を付けて保存」などで

テキストファイルを保存する際、

文字コードを選択することができます。

ChromeやEdgeなどのブラウザから

コピーして来て保存すると

文字化けを起こすことがあります。

これらの原因は文字コードが原因なのです。

ANSIが標準になっていますが、プログラミングなどで

互換性を保ちたい場合は「Unicode」や「UTF-8」

などにして保存すると良いでしょう。

文字化けしてしまう場合には保存する文字コードを

変更するとほぼ解決されます。

裏技を紹介

最後に一つ便利な裏技をご紹介しておきます。

ファイル名は何でも良いので

空白のテキストファイルを作成します。

例えば、ディスクトップの何もないところで

マウスで右クリックし

「新規作成」→「テキストドキュメント」

「xxxx.txt」とします。

次にこのファイルを開き

大文字で「.LOG」と入力して

一度保存して閉じます。

改めてこのファイルを開いてみてください。

時刻と日付が入っているはずです。

これは開くたびごとに時刻と日付が

自動で挿入されます。

チョットした記録簿として使えます。

内容により複数作ってもよいかと思います。

一度お試しください。

まとめ

メモ帳のシンプルなテキストエディタです。

メモするだけに使っていた方も多いかもしれませんが、

メモ帳は意外にも便利な機能が搭載されているのです。

テキストファイルを作成するだけのシンプルな

基本ソフトだからこそ使いこなしてみましょう。

例えば、ブログ用に記事をサクッと書いて

全体をCtrl+Aで選択した文章を

Ctrl+Cでブログに張り付ける

といったことに利用できます。

 

以上、テキストエディタ「メモ帳」の

ご説明でした。