特選おすすめ FX商材 10選!

Classic Editor

今回は、WordPressを使用していくうえで

基本的な問題となるエディターを戻す

設定についてお話します。

WordPressの最新バージョンでは、

エディターはGutenberg(グーテンベルク)が

導入されていますが。

Gutenberg(グーテンベルク)とは

Gutenbergの特徴としてブロック単位で

コンテンツを作っていく形になりました。

しかし、Gutenbergの編集機能は、

ハッキリ言って分かりずらいです。

また、テーマによっては Gutenberg に

対応してないものもあります。

残念ながらこれが使いずらいという

不評の嵐になっているわけです。

そこでWordPressのエディターを

旧来のエディターに戻したいわけです。

Classic Editor(クラシックエディター)とは

旧来の Classic Editorは

ビジュアルエディターか

テキストエディター(html)に

切り替えが出来てワープロ感覚で使用できました。

このような理由でClassic Editorに戻す

プラグインをインストールすることにします。

Classic Editor プラグイン

WordPressのClassic Editor

プラグインの「新規追加」で

「 Classic Editor」と検索して

インストールしましょう。

最後に、有効化をお忘れなく。

エディターの切り替え

エディターの切り替え

ちなみに、プラグインの Classic Editor

をインストールしても

Gutenbergが削除されるわけではありません。

新旧エディターの切り替えをおこなうことができます。

WordPress管理画面 ⇒ 設定 ⇒ 投稿設定

で切り替えができます。

「クラシックエディター」が旧エディターで、

「ブロックエディター 」が新エディター

となります。

まとめ

WordPressのエディターはやはり

旧来の「Classic Editor」が使い易いでしょう。

簡単にプラグインで戻せますので

一度お試しください。

 

以上、WordPressのプラグイン

Classic Editor(クラシックエディター)

でした。